パチンコ牙狼はトコトン負け倒しました

一度これでもかというくらい大負けをした事があります。

元々引きが弱く1日で5万円近く負けるのはザラで勝っても1万円という事の繰り返しでした。

その日はパチンコの牙狼を打ち3万円も負けてスタートから大コケしてしまいムキになってしまいました。

エンブレムを外す事を二回、期待して今度こそと願いながらも残念ながら当たらずにスカッと外れました。

財布の中もからっぽになり投資金補充にコンビニのATMに走り10万円もおろしてしまいましたがその行動がまちがいでした。

牙狼の次に北斗の拳を打ちましたが、熱い予告もなくスカスカと期待度の低い予告ばかりであくびばかりでてつまらなくて仕方なかったのですが変に席の移動もしたくなくて気づけば千回転越えでした。

おろしたお金の4万円が消えてしまい、そのあと大海物語を打ち出しましたがまたもや静かな台で派手な演出もなくひたすらお金がどんどんと消えて行きました。

そして魚群が走りドキドキしながらもスカッと外れてしまい今日は何をしても当たらなさすぎると腹立ちや悔しさを通り越し笑いが出てきました。

大海物語も千回転を超えてしまいましたがやっと大当たりしたと思ったら単発で虚しく終了しました。

ダメな日はトコトン何をしてもダメだと感じました。

その日は12万円も1人で負けましたがこの12万円でもっと有効な使い道があったのにと悔しくてなりませんでした。こういった思いはパチンコを打っている人なら誰しもが味わったことのある経験であり、パチンコを打っていればよくあることです。

しかし、私はこの日を境にパチンコは一円パチンコしか打たなくなりましたし自分には才能はないのだと再認識する事ができました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です