パチンコ牙狼はトコトン負け倒しました

一度これでもかというくらい大負けをした事があります。

元々引きが弱く1日で5万円近く負けるのはザラで勝っても1万円という事の繰り返しでした。

その日はパチンコの牙狼を打ち3万円も負けてスタートから大コケしてしまいムキになってしまいました。

エンブレムを外す事を二回、期待して今度こそと願いながらも残念ながら当たらずにスカッと外れました。

財布の中もからっぽになり投資金補充にコンビニのATMに走り10万円もおろしてしまいましたがその行動がまちがいでした。

牙狼の次に北斗の拳を打ちましたが、熱い予告もなくスカスカと期待度の低い予告ばかりであくびばかりでてつまらなくて仕方なかったのですが変に席の移動もしたくなくて気づけば千回転越えでした。

おろしたお金の4万円が消えてしまい、そのあと大海物語を打ち出しましたがまたもや静かな台で派手な演出もなくひたすらお金がどんどんと消えて行きました。

そして魚群が走りドキドキしながらもスカッと外れてしまい今日は何をしても当たらなさすぎると腹立ちや悔しさを通り越し笑いが出てきました。

大海物語も千回転を超えてしまいましたがやっと大当たりしたと思ったら単発で虚しく終了しました。

ダメな日はトコトン何をしてもダメだと感じました。

その日は12万円も1人で負けましたがこの12万円でもっと有効な使い道があったのにと悔しくてなりませんでした。こういった思いはパチンコを打っている人なら誰しもが味わったことのある経験であり、パチンコを打っていればよくあることです。

しかし、私はこの日を境にパチンコは一円パチンコしか打たなくなりましたし自分には才能はないのだと再認識する事ができました。

 

私なりのパチンコの勝ち方

私は3年前までは二日に一回、もしくは毎日パチンコ屋さんにかよっていました。

何故なら、暇だったからです。

その時私は水商売をしていて昼間暇だったのです。

その時は、勝利率は結構よかったものの、それ以上に負けるのが多かったので、結局トータル負けでした。

現在は、出産をしてまだ小さい子供がいます。

なのでパチンコには前のようには行けません。なので、たまにの息抜きでお母さんに預けて行く時があります。

そこでわかったのです。

勝利率がいい私、たまに行くぐらいのが勝ち逃げ出来るんだ!!

前の日に買ってしまうと、明日もまた勝てるのではないかと行って結局負けてしまいます。

なのでパチンコはたまに行くくらいがちょうどいいと私は思います。

あともう一つは、勝った時にはそのお金でまたパチンコに行ってしまわないように、物に変えてしまうことです。

私は、パチンコで勝ったお金はアブク銭だと思います。

なので、勝ったお金を持ってパチンコに行き負けてしまうよりは欲しかったものを買ったりするほうが絶対後悔しないと思います。

それにより私はたまにしか行かないパチンコですが、3年前よりもトータル勝ちです。

回る台と時間帯を見極める

私がパチンコで勝つために心掛けていることは2つあります。まず1つ目は回る台に座ることと、無駄玉を無くすことです。ボーダーより+2回転くらい回る台に座るようにし、そのようなお宝台が無い場合は諦めて帰ります。そして何よりも大切なのは止め打ちをすることです。通常時は保留が3個溜まったら必ず打つのをやめ、大当たり中はラウンド間で止め打ちをしてアタッカーでの玉こぼしがないように心掛けます。このように無駄玉を無くすことで勝率はグンっとアップするのです。

また、2つ目のポイントとしては出る時間帯を見極めることです。当たり前のことですが、店側は従業員を雇用し、電気代や新台の費用を負担せねばなりません。そして利益を生み出して経営を成り立たせる必要があります。スーパーやデパートと同じで、店側としては客が多い時に還元し、客が少ない時は回収したいという考えを持っています。なので、打つとしたら土日や平日の夕方以降の集客が見込める時間帯に打つようにした方がいいです。これも店舗によって考えが違うので一概には言えませんが、私の経験上はその時間帯に打つ方が勝率は高いです。

甘デジが熱い理由は効率にあった!?

朝から並んだのにパチンコに今日も負けた。投入金額がゼロになった時点で捲けるのがパチンコ。

パチンコで収支がプラスになる人はやはりそれなりの立ち回りをしている人が多いのですが欲に目がくらむと負けてしまうものですよね。

そんな中、勝てる可能性があると言われるのが甘デジと呼ばれるタイプのパチンコなんです。

甘デジはおよそ100回転に一回の当選確率と当選が確立がわりと低く設定されたシリーズのパチンコ台です。

中には度ハマリする台もありますが、連荘が終わった後放置されてしまう代がかなりある事も事実です。

そんな時は100回ごとにくる当たりを狙えばいいので、120回よりも150回も回っていて当たりが出ていない方が当選確率は上がります。

パチンコにおいてほとんどの人が、必勝法や攻略という言葉を使いたがりますが、実際収支を出している人が使うのは効率。

要は率の計算を彼らは行っているだけなんです。当選がゼロの台が2台あって0から100を回すのか80から100を回すのかであれば同じ入賞数回ったと計算すると、同じ資金で回収できる確率はどれだけになるのかを理解しているだけでも変わってくるのです。

新台入替はパチンコで勝つためのチャンスがある

パチンコで勝つためには、新台入替のチャンスを上手く活かす必要があります。新台入替は既に設置してある機種を外し、新しい台を設置することを意味しています。店側にとってはただ台を入れ替えるだけではなく、購入した台の代金を回収したい気持ちがあります。そのため、新台入替で設置した台の釘は良くない状況は考えられます。しかし、購入した台の代金の回収だけではなく、遊技客に楽しんでもらいたいと考えているパチンコ店が存在するのも事実です。

遊技客に新台を楽しんでもらいたい気持ちが強いパチンコ店は、回転率の良い調整にすることがあります。全ては店側の考え方次第なので、勝つためには新台入替で回転率の良い釘の調整にするパチンコ店の発見が重要です。店側の考え方を知るためには、実際に新装開店時に来店する方法が効果的です。また、大量設置機種や注目度の高い機種が新装開店で入荷された場合、良いヘソの状態になっている可能性があります。新台入替から日数が経過する毎にヘソは狭くなっていきますが、しばらくは回転率に期待できるので勝ちやすい期間と言えます。

効能たっぷりルイボスティーってまずいって本当か

皆さんは普段よく口にする飲み物をどんな基準で選んでますか?

口当たりが良い、美味しい、爽快感、または健康に良いなど様々だと思います。女性の場合は美容に重きを置いて選んでる場合も多いのではないでしょうか?

美しくありたいという女性の願いは年齢、時代を問わず普遍的なものです。けれども美の基準はその時代背景や流行などで変化します。長く美しい髪や女性らしい体つきがもてはやされたかと思えば、ジョートカットに中性的な雰囲気のスリムすぎる体つきが良しとされたり。そんな中で唯一変わらず美しさの基準としてトップに挙げられるのは美肌ではないでしょうか?

肌が美しければ多少の欠点は覆い尽くされる…そう実感している女性は多いはずです。

そんな女性の切なる願いを聞き入れてくれるのがルイボスティーです。南アフリカの先住民のが不老長寿のお茶として常飲していたこのミネラルたっぷりのルイボスティーが、アンチエイジング・美肌・ダイエットなど女性の悩みを一手に引き受け解決に導いてくれます。
私も常飲していますが年齢よりは若く見られるしシワもシミも少なく肌がきれいだとよく言われます。